【スノーフレーク】・・・空からの素敵な贈り物・・・

今日は、関東甲信地方で広い範囲で雪が降ったようです。
しかしきみたろうのいる静岡は降らない!
なんてこった!
雪が降るとなぜかワクワクしてしまうきみたろうです。
スキーヤー・スノーボーダー達にとって雪は嬉しい
きみたろうもその一人
一面の銀世界、天気のいい日には雪がキラキラ輝いて、
とてもきれいです。

そのワクワクする雪
みなさん雪の結晶には興味ありますか?
雪の結晶について書かれている本があります 。
『スノーフレーク』(ケネス・リブレクト著 山と渓谷社)

フレークというと森永のチョコフレーク思い出してしまうのはきみたろうだけでしょうか?
食べだすと止まらないんですよね
もしチョコフレークが空から降ってきたら
甘いものには目がないきみたろう きっとメタボになるかも・・・
フレークと言ってもチョコではなく雪片

最近購入した本ですが、美しい雪結晶の写真とわかりやすい言葉で空から
舞い下りる雪の不思議について科学的に解説してくれています。

sno001.jpg

雪結晶は液体の水を凍らせても結晶はできません。
水蒸気が空気中で昇華凝結、つまり液体の状態を介さないで
いっきに凍って固体になる時、雪結晶は形成されるます。
より多くの水蒸気が昇華凝結すると結晶は成長、発達していきます。
手の込んだ模様が現れるのはこの時です。
雪結晶の神秘を説明するには、その成長に着目しなければなりません。
『スノーフレーク』(ケネス・リブレクト著 山と渓谷社)より抜粋

sno002.jpg

複雑な対称性と多様性がデザインされた見事な結晶構造
素晴らしいと思いませんか?

sno003.jpg sno004.jpg sno005.jpg

sno006.jpg sno007.jpg

二つとない雪の結晶 あなたのところに舞い降りてきた雪の結晶

;あなたへの特別な贈り物なのです。






スノーフレーク

スポンサーサイト
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。