【鎌倉 春のおさんぽ日和】・・・本覚寺・妙本寺

honn001.jpg


てくてく鎌倉を ひとり お散歩


次は本覚寺 鎌倉駅東口から徒歩5分程度


きみたろうの場合はもっとかかります。(笑)


こちらのお寺、鎌倉七福神のひとつ、えびす様が祀られています。





境内には八重桜、その八重桜眺めながら食事をしている老夫婦


その光景みてちょっと和みました。





こちらにはかわいらしいお守りがあります。


にぎり福というもので、毎朝、握ると願い事が叶うそうです。


にぎり福の画像撮り忘れました(汗) すみません


さて 今度は妙本寺へ GO!


【本覚寺(ほんがくじ)】
住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-12-12
拝観料:なし
時間:9:00-16:00
電話:0467-22-0490









myou001.jpg



妙本寺は初めて行くお寺で、本覚寺から徒歩で2~3分程度


こちらの境内でもカイドウが咲いていました。












myou002.jpg



カイドウを撮影中、すごく視線を感じました。


さっと後ろ振り向くと、きみたろうのデジカメの画面を覗き込んでいるオジサンがいました。


「ワオ~!!」とは言いませんでしたがビックリ!です。


最近良く見られるんです。


素敵な女性ならいいんだけど・・・・












myou003.jpg



八重桜を仰ぎながら見ていると・・・グ~~とお腹が鳴った(笑)


ちょっと小腹が空いてきました。


今日は結構歩いていますからね












myou004.jpg



スイーツ食べにカフェに行きましょう




【妙本寺(みょうほんじ)】
住所:〒248-007 神奈川県鎌倉市大町1-15-1
拝観料:無料
時間:9:00-16:00
電話:0467-22-0777


スポンサーサイト

【鎌倉 春のおさんぽ日和】・・・海蔵寺・寿福寺

kai001_20110418215608.jpg

AM9:20 海蔵寺


きみたろう鎌倉で好きなお寺のひとつです。


今年もこの「カイドウ」に会いに来ました。


若干遅かったですが、それでもかわいいピンクの花びらが可愛かった。












kai002_20110418215605.jpg


こちらは「ヤマブキ」


日に当たっているヤマブキ 眩しいくらいに輝いています。


黄色はきみたろうのラッキーカラー


この日も黄色のパンツ ヤマブキの中にいると一体化しております(笑)


なんか良いことが起こりそう


お金でも入ってくるかな?


マネー!カモ~ン(爆)












kai003_20110418215545.jpg


ユキヤナギ、ツバキ、ツツジの蕾などを見ることが出来ました。


さすが花のお寺と呼ばれるだけあります。


さて次は寿福寺へ




【海蔵寺(かいぞうじ)】
住所:〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8
時間:9:30-16:00
電話:0467-22-3175
駐車場:約20台







jyu001.jpg



寿福寺の真っ直ぐな長い参道が好き


暑い日、ここへ行くと涼しくてほっとします。


夏に是非行って欲しいお寺です。


苔もきれいですよ



さてランチに行きましょう




【寿福寺(じゅふくじ)】
住所:〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-17-7
電話:0467-22-6607
駐車場:なし

【鎌倉 春のおさんぽ日和】・・・大巧寺

kama001_20110417211542.jpg




春うらら 鎌倉をてくてく おさんぽ


AM8:30 大巧寺へ


鎌倉駅からすぐ近くで安産祈願で有名なお寺


以前は「大行寺」といわれましたが、源頼朝がここで戦略を練り


大勝したことから「大巧寺」と改められたそうです。












kama002.jpg


参道の両側には手入れされた花や山野草が植えられて、


花の名前を書いた札がつけられているので、


花の名前を知らない きみたろうのような者でも楽しむ事が出来ます。



この日も花粉症に悩まされました。


春の散歩は好きなのですが、花粉症で鼻水がズルズル


クシャミをするとしばらく鼻水が止まらない


カメラを構えて構図を決めている時には困ります。


時たまティッシュを鼻に詰めたまま撮影する事も(笑)


あ!これは人がいないときだけですよ


人に見られたら間抜けみたいですから・・・








【大巧寺(だいぎょうじ)】
住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-9-28
拝観料:なし
時間:9:00-17:00
電話:0467-22-0639

【三千院・宝泉院】 きみたろうの京都さんぽ第七弾

san001.jpg

♪京都~ 大原 三千院  恋に疲れた 女が一人


 結城に塩瀬の 素描の帯が 池の水面に 揺れていた


 京都 大原 三千院 恋に疲れた 女が一人


という曲が昔ありましたね


ご存知でしょうか?


知っているという人、年代がわかってしまいますね


きみたろう 初めて知りました(爆)


そんな三千院 恋に疲れた女性がいるのかと思い、行ってみました(笑)








san002.jpg


初めて行った三千院、庭園がすばらしい


青苔にスギ、ヒノキ、ヒバなどの立木が並び、


その場に立っていると心が落ち着き、時間がゆるりとなります。



きっと恋に疲れた女性が来れば癒されるかもです。


きみたろうは仕事で疲れていたので、ゆっくり庭園を散策し


この時期のすばらしい紅葉を眺めることが出来て、かなりリラックス出来ました。



【三千院】
住所:〒601-1242 京都市左京区大原来迎院町540
電話:075-744-2531
休館日:無休







san004.jpg


さて三千院の後は近くにある宝泉院へ








san003.jpg


宝泉院は、額縁の庭で有名です。


客殿の西方、柱と柱の空間を額に見 たてて観賞する


そこで抹茶とお菓子を頂きました。


正座するのが苦手なデブリーきみたろう、立つときによろけそうになりました(笑)








san005.jpg


宝泉院境内南側の低地に新しく誕生した庭、宝楽園へ行ってみた








san006.jpg


心の内なる広大な仏、神の世界を


岩組、樹花、白砂等をもって表わし美しく宝の如く


そのままそこにある楽園の境を創作したものだそうです。







san007.jpg





【宝泉院】
住所:〒601-1241 京都市左京区大原勝林院町187番地
電話:075-744-2409


【永観堂】きみたろうの京都さんぽ第三弾

ei001_20101120163741.jpg

こちらは、京都府京都市左京区にある永観堂


紅葉の名所です。


きみたろうは、初めて訪れた場所 もうわくわくです。


総門を潜ると右側に塀があり、その向こう側が庭園らしく、きれいなもみじが見える








ei002_20101120163741.jpg


境内には地形の高低差 を生かしていくつかの建物が建っており、


それぞれ渡り廊下でつながれています。



本堂に上がるとき、気がついた


今日はブーツだった


これがひも緩めたり締めたりと結構面倒である


ひもを緩めブーツ脱ぐとき転びそうになる おっ! と と と ・・


かなり安定が悪いきみたろうです。(笑)


スニーカーにすれば良かった・・・・








ei003_20101120163740.jpg



歩いて行くと突然現れる美しい紅葉


みんなその場で立ち止まって見入ってしまう


きみたろうも後ろの方から人の頭かき分けて見てみた


「きれいだ~」と独り言のように言うと


前にいた女性が振り向いた


思わずきみたろう目をそらした(汗)


勘違いしないでほしい もみじがきれいなんだから(笑)








ei004_20101120163740.jpg


素晴らしい 燃えるような 愛 (笑) ではなく もみじ!!!


美しいです。


さすが もみじの永観堂ですね





【永観堂】
住所:〒606-8445 京都府京都市左京区永観堂町48
電話:075-761-0007
拝観時間:9:00-17:00




結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。