【東京都庭園美術館】東京都港区・・・おのぼりきみたろう東京へ

teienn001.jpg

上の画像は東京都港区白金台にある東京都庭園美術館

桜が咲いておりました。

teienn015.jpg

こちらの美術館で見たかったものがこれ

teienn005.jpg


「ポワレとフォルチュニイ(20世紀モードを変えた男たち)」

20世紀初頭を代表するモード界の巨人ポール・ポワレと、20世紀最高のテキスタイル・デザイナー

といわれるマリアノ・フォルチュニィのドレスを紹介しています。


ポールポワレは女性服の革命者、「脱コルセット」の服を作った女性解放者と称されるデザイナー

彼はパリファッションを開花させた人物



テキスタイル・デザイナーのマリアノ・フォルチュニィ

テキスタイル・デザイナーってなに??

最近聞くことがありますが、これは洋服の生地に、色・柄などのデザインをする人なのです。

フォルチュニィは「布の魔術師」と異名をとるほど、自由自在に布地を扱いそれまでになかった

画期的で且つ斬新な衣装を考案しており、スカートのプリーツもそのひとつ

館内は撮影禁止のためドレスの画像は紹介できませんが、溜息がでるほど美しい





入館料は1,000円

しかし きみたろう 100円割引でした

なんで?? と思ってら

これです。

ポケチ忍ばせて行きました。

teienn006.jpg

毎回ドレスコード割引というものがあるそうで

今回の展示はファッションということで、ポケットチーフを着用して来館された方は

入館料を100円割引だそうで・・・ラッキーでした(^^)v

やはり イエローはラッキーカラーでした。

でもね~~ きみたろう 七五三見たいなんて言われそうですね


さて美術館正門脇の「cafe 茶洒 kanetanaka」があります。

老舗料亭「金田中」が手がける新しいスタイルの和のカフェレストランです。

teienn007.jpg


teienn009.jpg


テラス席もありますが、この日は寒くて・・・

teienn008.jpg


店内はおしゃれな雰囲気で気軽に入れます。

teienn010.jpg


teienn011.jpg

寒かったので温かいもの  カフェラテを注文

老舗料亭「金田中」が手がけるカフェということで、カフェラテがどのようなカップでくるのか興味津津

そしてこれがカフェラテ

teienn012.jpg

やはり和をイメージした器 抹茶いただくような感じですね

和三盆がついておりました。

できれば桜の花びらの形をした和三盆だったらうれしいのですが・・

teienn013.jpg


【東京都庭園美術館】
住所:〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
電話:03-3443-0201
開館時間: 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)


【cafe 茶洒 kanetanaka】
住所:〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
電話:03-3442-7877
営業時間:10:00~22:00(ラストオーダーは21:00 /ランチ:11:30~15:30)
定休日:年末年始


東京都庭園美術館の隣には自然教育園という自然の本来の姿に近い状態の場所があり

野草、小鳥、昆虫などを四季折々に見ることができるのです

行きたかったのですが、時間の関係もあり行くことができませんでした。

こちらはゆっくり回りたいので次回にしたと思っています。


さてお腹が空いてきたのでランチにGO!!




スポンサーサイト

【cafe musica】静岡県富士市・・・大人の音楽聴きたいなら・・・

偶然ネットで見つけたカフェ

店内のイスは北欧ものだそうで興味沸いてしまったので行ってきました。

場所は静岡県富士市の吉原にある「cafe musica」さん

musi001.jpg

ここにカフェがあるの?? と思うくらいわからない

普通なら素通りです。

入口はどこかのお宅みたいな・・・隠れ家的カフェなのです。

musi002.jpg

らせん階段を上がって2階へ

musi003.jpg

上がってみるとこぢんまりとした店内

店内に流れている音楽はボサノバ

musika001.jpg

北欧のイスがこれ

デンマーク・モダン・デザインの代表的人物ハンス・ウェグナーがデザインしたもので

「Yチェア」というもの

musika002.jpg

musika003.jpg musika004.jpg



テラス席もあり、川が見え天気のいい日には富士山も見えるとか

musika005.jpg



反対側には一段下がったコーナーがあります

それが下の画像

musika008.jpg

こちらは窓が目線より下にあるため、なんとなく落ち着きます。

こちらに置いてあるソファーはオーレ・ギヤレフ・クヌードセンがデザインしたもの

コーヒー飲みながら、のんびりと読書ができそう

musi007.jpg



musi010.jpg musi009.jpg musi011.jpg musi008.jpg


こちらのオーナー音楽好き 

なのでお店の名前 musica(ムシカ)はスペイン語で音楽という意味だそうです。

オーナーはボサノバ、ジャズ、ロックと幅広く聞いているようで詳しいです。

きみたろうも音楽好きなのでちょっと話盛り上がりました。

今度オススメのボサノバとジャズのCDを持っていくことに。。。




さてランチは インドの田舎風チキンカレーセット

a.自家製マリネ b.ミニフレンチトースト c.ミニ小倉アイス この中から1つ選ぶのです。

ちょっと迷いましたね~

結局ミニフレンチトーストにしました。

musika013.jpg

musika014.jpg musika015.jpg musika016.jpg



そしてミニフレンチトーストがこちら

うひょ~~うまそう~~

musika019.jpg



そしてコーヒーはお客さんの気分にあわせて入れてくれます。

この日は深入りでお願いしました。

musika020.jpg



実は「musica」さんにはこれで2度目

最初に訪れた時に頂いたものが

これだ!!




musi015.jpg

春と言えば・・・・

イチゴですよね

そこで注文したのはストロベリ~パフェ~~


さて ここまで見て何か気が付きませんか??

ここは2Fですよね






足元をご覧ください

musi013.jpg

そう土間になっているのです。

二階に土間、これ作るのに結構大変だったようです。

でもなんか落ち着きますね~

あんまり人に教えたくないカフェ

そのうちに本に載ってしまうのだろうか・・・・

【cafe musica】
住所:静岡県富士市吉原3-4-12 
電話:0545-53-3565
駐車場:2台




今日の写真

「cafe musica」さんのお店にあるものでフォトです。

musika021.jpg

この鍵が気になってフォトしちゃいました。

貴女のハートをこれで開けてみたい なんちゃって~


musika022.jpg

これは灰皿? 色がきれい 


musika024.jpg

フォークとナイフ 

これでフレンチトースト食べてしまったのだ。

さてここは・・・

toraya001.jpg

さてここはどこでしょう

場所は静岡県御殿場市東山

どうです? この入口 わくわくしてきませんか?

ここは老舗和菓子店「とらや」のグループ会社が運営する和菓子工房なのです。

お店の名前は「とらや工房」

toraya002.jpg


toraya019.jpg


中に入っていくと真っ直ぐ伸びた竹林

風に揺れる葉の音を聞きながら・・・  ざわざわ・・・ ざわざわ・・・

心が和んできます。

この音はまさにヒーリングサウンド

toraya003.jpg



竹林を抜けると

ありました! とらや工房

toraya018.jpg

toraya007.jpg


建物に入ると何種類かの和菓子

そのお菓子を端から端まで見て歩いていると右側の端に、あるパンフレットが置いてありました。



きみたろう それに釘付け 見覚えのあるパンフ!!




toraya017.jpg

なんと【HAKONE SWEETS Collection 2009】

毎年、箱根エリアのホテル・旅館・カフェなどがオリジナルスイーツを創作し各店で

食べることができるというスイーツの祭典なのです。

このパンフがここにあるということは、「とらや工房」さんんも参加している?

お店の人に聞いてみると、今年から参加しているとの事

そこで早速オリジナルスイーツ(1日限定30個)を注文


toraya008.jpg

よもぎ小倉かん(煎茶付き)

toraya009.jpg

新緑を思わせるよもぎと小倉餡を使った和菓子

煎茶はお店の隣に」ある茶畑で採れた香り高いオリジナルブレンド


toraya004.jpg toraya006.jpg toraya005.jpg toraya012.jpg toraya013.jpg toraya014.jpg toraya020.jpg





軽食(ご飯、汁物、お茶のセット)もあります。

toraya015.jpg

和菓子そして食事も美味しく大満足でしたよ


大満足したきみたろう 頭の中はすでに「HAKONE SWEETS Collection 2009」

箱根に行かなくては・・・・

期間は3月1日~5月10日まで

その間にいくつ食べられるか

う~~~ん メタボになりそう~~~


【とらや工房】
住所:〒412-0024 静岡県御殿場市東山1022-1
電話:0550-81-2233
営業時間:4~9月 10:00~18:00   10~3月 10:00~17:00
定休日 火曜日、年末年始
駐車場 あり

今日の写真

とらや工房の庭に咲いていた梅です。

toraya016.jpg





仕事が忙しいため・・・・・

ちょっと更新が遅れております。。。

明日(21日)の夜には更新の予定です。

きみたろうのフォトブックはちょこっと更新致しました。

【きみたろうのフォトブック】

【ダリア】
花言葉は華麗」「優雅」

katen006.jpg




【ガーベラ】
花言葉は「崇高美」「神秘」

katen001.jpg




【コデマリ】
花言葉は「友情」「努力」「優雅」

katen002.jpg




【リューココリーネ】
花言葉は「温かい心」

katen003.jpg


【NAS'H(ナッシュ)】静岡県静岡市・・・大人の為のカフェ・・・

nass001.jpg

静岡市葵区鷹匠にあるカフェ「NAS'H(ナッシュ)」に行ってきました。

ここのお店閑静な住宅街にあり、店内はゆったりとしており、大人の為にあるようなカフェなのです。



静かに読書したい人

午後の時間、コーヒー飲みながら、まったりしたい人

あるいは恋人と素敵な時間過ごしたい人

そんな人達の為の空間があります。

nass002.jpg


ウッドテラスがあり、ペット連れでもOKのようです。

のんびりとくつろぎたい場合はテラスよりも中の方がオススメです。

お客さんが居たため写真撮りませんでしたが、低めのソファー席があり落ち着けます。

nass003.jpg

店内で流れている音楽はボサノバでした。

これからボサノバが似合う季節になります。

きみたろうがボサノバ初めて聞いたのは大学の頃

最初に聞いた曲がアントニオカルロスジョビンの「Wave」

それ以来ジョビンンのファンになりました。


Gal Costa - Wave

eliane elias-the girl from ipanema

Stan Getz & João Gilberto "Corcovado"




注文したものが来るまでいつものようにコップ撮影


nass004.jpg

コップが屋根を支えているようにみえます。

「や~~ね」 なんて ダジャレ言いましたね

そんな事いうのはきみたろうだけだって!?

「おっしゃる通り!!」



さてさて スイーツがきましたよ


オ!~~  ビュティフォ~~

nass005.jpg


ベリーレアチーズケーキ です

nass006.jpg


底はタルト地になっています

イチゴとブルーベリーそしてレアチーズ

口の中でコラボしております


一口食べて ニンマリ

二口食べて ハートほころび

お腹はポッコリ(>_<) ありゃま~~


イチゴ見ていたらイチゴ狩り行きたくなっちゃいましたよ

近々行ってみようと思うきみたろうなのでした。


コーヒーは高級厳選豆を使用しているようで美味しいコーヒーでしたよ

今回はお客さんが居た為、思うように撮影出来なかったのがスッキリしないきみたろうです。

次回はオープンと同時に行ってみたいと思っております。

【NAS'H(ナッシュ)】
住所:〒420-0839 静岡市葵区鷹匠2-15-10 田辺ビル1階
電話: 054-272-5555
営業時間:11:30~16:00 18:00~23:00
定休日:月曜日
駐車場:なし




今日のお花
【グロリオサ 】

名前は「驚嘆する」「みごとな」というギリシャ語からきています。
花言葉は「栄光」


guro001.jpg




guro002.jpg




guro003.jpg

【HINA-CAFE】静岡県富士市・・・60年代の素晴らしさ・・・

hina002.jpg

上の画像はカフェの店内を撮影したものです。

どうです?? 写真に写っているイス 懐かしい 今回もレトロな気分に・・・

ここのカフェは静岡県富士市の比奈という場所にある「比奈カフェ」というお店

置いてあるイス・家具はカリモク60というブランド

大手家具メーカーのカリモクが1960年代のカリモク人気家具を復刻し、【カリモク60】として

売り出した家具のブランド

そこの製品が使用されています。

hina001.jpg hina003.jpg hina004.jpg hina005.jpg hina006.jpg hina008.jpg hina009.jpg hina011.jpg

60年代というと・・・・映画はどんなものがあったのか



クロード・ルルーシュ 監督の「男と女」映像と音楽が素敵

ダスティン・ホフマンの「卒業」

カトリーヌ・ドヌーヴ の「シェルブールの雨傘」

ショーンコネリーの「007/ロシアより愛をこめて」

オードリーヘップバーンの「シャレード」

きみたろうが大好きなスティーブマックーンの「ブリット」「華麗なる賭け」も60年代でしたね

いい映画がありました

ファッション的にも当時の映画から参考になるヒントがたくさんあります。

最近流行のデカサングラスも60年代が影響しているのではないのでしょうか


ちょっと脱線してしまいましたね

さてこのお店でのランチ

ハヤシライスです。

hina012.jpg

そしてデザートは こちらのお店の手作りケーキ 「フォンダンショコラ」

周りはちょっと堅めですが、中はなめらかで実に美味しい

hina013.jpg

hina015.jpg


で 紅茶で~す

hina014.jpg


【HINA-CAFE】
住所:〒417-0847 静岡県富士市比奈628-9
電話:0545-38-3008
営業時間:11:00〜22:00(L.O21:30)
定休日 : 毎週火曜日・第3水曜日




今日の一枚
【シンビジューム】
花言葉は「華やかな恋」「高貴な美人」「誠実な愛情」「深窓の麗人」「飾らない心」「素朴」


今回の写真も自宅でフォトです。

R0012673.jpg

【静岡県富士市比奈】・・・萌え~~な世界・・・

今回はちょっと趣向を変えてみたいと思います。

出かけたところは静岡県富士市比奈という場所

ここの場所一部の方には有名らしい

「工場萌え」という言葉聞いたことありますか?

コンビナートや工場の、夜間照明や煙突・配管・タンクなどの景観を愛好する人々が増えているという

そしてツアーもあるとか

ここの富士市比奈も工場萌えで知られているらしいのです。


工場萌え

確かに夜の工場の景観を見ると美しく感じることあります。

萌え~ってなる気持ちもわかるような気がします。

そこできみたろう別の視点から工場ではなく古びた駅に注目してみました。

比奈にある工場が萌え~~なら比奈駅も萌え~~になるか??

そう思い何枚か駅の写真撮ってきました。

まずは駅舎の写真

hinaeki008.jpg

東海道本線の吉原駅から岳南鉄道に乗り換え五つ目に比奈駅があります。

都会では見られないローカルな駅

錆びている部分がまた萌え~になるのかな?

それにしてもなんか日本映画にできそうな・・・

プラットホームに女性が一人電車を待っている

そこに追いかけてきた青年が駅に駆け込んでくる・・・そんなシーンに使えそうな

できれば駅舎の横に大きな桜の木があるといいかも

桜が舞っているとより一層いいですね~~



下の画像見て下さい

切符購入したのですが、昔はこんな切符でしたね

hinaeki012.jpg




hinaeki007.jpg

これが比奈駅のプラットホーム

プラットホーム行くには階段で・・・と思ったら大間違い!

線路渡っていくのです。

渡るときに見た画像がこちら

hinaeki006.jpg

今にも動くのではとドキドキしながら渡りました。

hinaeki003.jpg



hinaeki001.jpg



hinaeki002.jpg



hinaeki004.jpg



hinaeki011.jpg




ちょうど電車が入ってきましたので撮ってみました

なんか鉄道マニアになったきみたろうですよ

この電車もともと京王電鉄井の頭線で使用されていたそうです。

hinaeki005.jpg

どうでしょうか??

皆様萌え~~な気分になられたでしょうか?

やはり工場でないとダメなのか




そこできみたろうも煙突だけ撮ってまいりました。

hinaeki010.jpg

これだけではまだまだ萌え~~~にはなりませんね

そのうちに工場地帯など撮ってみたいと思っています。




さてここまで引っ張ってきたわけには理由があります。

きみたろうといえばカフェ好き

じつはこの近くに素敵なカフェがあると情報を得たので来たのです。

そのカフェは・・・・

To be continued

引っ張るね~~~




今日の一枚
【チューリップ・黄色】
花言葉は「実らぬ恋」・・・悲しい 切ない  胸が締め付けられますね~

今回の写真も自宅でフォトです。

tyu001.jpg


入選されちゃいました!(^^)!

長野にあるエコーバレースキー場で撮った写真

eko023.jpg

この写真覚えていますか?

この写真をエコバレースキー場のフォトコンテストに投稿したら


なんと  なんと  入選されましたぁ~~~


優秀賞には届きませんでしたが、銀賞頂きました

商品はリフト一日券 二枚一組

またいかなくっちゃ

そんなわけでまた行っちゃいますよ~~

こちらからフォトコンテスト見られます


入選されたことより、リフト券頂いたことの方が嬉しいきみたろうでした。。。


【Biscuit King】静岡県静岡市・・・ふと昔を思い出して・・・

静岡市葵区本通りにある「ビスケットキング」というお店

以前から名前は聞いていて気になっていたカフェ

11時オープンなので、それに合わせて行きました。


bisuke001.jpg


入口の壁がレンガ、その前にはお店の赤い看板

そしてかわいらしいお花が・・・

ワクワクしてきますね(この瞬間が好きなきみたろうです。)

ちょっと外国にあるカフェみたいな雰囲気でしょうか


bisuke014.jpg


店内はこんな感じです。


bisuke002.jpg


お店の方に「こちらのお店は何年経つんですか?」と聞くと

14年ほど経つという  14年前は・・はて??

何していたんだろうと、ふと思ってしまいました。

皆さん何していましたか? 思い出せますか?

皆さんはその頃素敵な恋はしていましたか?

時が経つのは早いものですね・・・


bisuke006.jpg bisuke009.jpg bisuke012.jpg bisuke013.jpg bisuke016.jpg bisuke011.jpg 


小物はアメリカのものが多いけどフランスの香りも漂う

アンティークなものが無造作に置かれているが、それがまたいい味出しているカフェです。

お店に入るとケーキが入ったショーケースが


bisuke003.jpg bisuke004.jpg bisuke005.jpg


タルトに使われる果物は素材にこだわり各地から取り寄せて作るようですが、

いい素材が入らないと作る気がしないというパティシエ

そのパティシエ北村さんは女性パティシエ、こだわりのスイーツは男性も虜にしてしまうほど

今日、お店の方にいろいろお話聞かせてくれた男性店員さんは、ここのケーキに惚れこんで

修行しているとか

今日、頂いたスイーツはきみたろう昔からの大好物 エクレアとプリン


bisuke017.jpg


bisuke018.jpg


美味しい~~ スマイル スマイル スマイルきみたろうですよ

そしてコーヒー このコーヒーも東京の国立から取り寄せているとか

じつに美味しいコーヒーです。

bisuke019.jpg


bisuke015.jpg


窓から太陽の日差しが眩しく 目を細めながら

14年前からの出来事をめくるように思い出してみました。

「あの人は何しているのだろうか」

「元気にしているのだろうか・・・」

コーヒーの苦味が心にしみた・・・


な~んて気取ってみても、目を細めなくても十分細いきみたろうなのだ!

お店の方から見ると寝ていると思われたかも・・・(-_-)Zzzzz・・



【Biscuit King】
住所:静岡県静岡市葵区本通1-3-6
電話:054-251-5535





今日の写真

「ビスケットキング」の店内の一部を撮ってみました

bisuke008.jpg

窓辺にある写真立てやガラスビンなど 露出をオーバー気味にわざとしてみました
なんか絵画みたいです。

bisuke010.jpg

ちょっとレトロぽっく撮ってみました。
しかし!! ティシュの箱がテーブルの上に乗っているのがお判りでしょうか
外すのを忘れていました。

「う~~ん ダメだ こりゃあ!」
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。