【大人の絵本】 ふふ・・ 安曇野散策第3弾

ehon002.jpg

「大人の絵本」というタイトル見て「ニヤッ」としたお方 スケベなお方ですね

何か変な絵本想像しませんでしたか?


「え!?そんなことないって??」

「そんなこと思うのはきみたろうだけだって!?」

う~~ん そなのか・・・・ ショック!!



さて、森の中にある大人のための絵本館 「安曇野絵本館」にちょっと興味があって行ってきました。

ehon001.jpg

入館料は700円、これがドリンク付きなのです。

嬉しいですね


大人になって改めて絵本を見てみると忘れていたものが蘇ってきます。

素直さ 暖かさ

人間として大切なものが再認識される

こんなきみたろうでも うる うる

ehon003.jpg  ehon006.jpg  ehon010.jpg





この日、「和田 誠 絵★本★館」が開催されておりました。

ehon005.jpg


和田 誠
1936年生まれ。1959年 多摩美術大学卒業。ライトパブリシティに入社。1968年よりフリ-となり、
1965年雑誌「話の特集」にADとして参加。1968年から4年数ヶ月「週刊サンケイ」の表紙に似顔絵を
描く(AD田中一光)。1977年「週刊文春」の表紙(絵とデザイン)を担当して現在に至る。
1974年に講談社出版文化賞(ブックデザイン部門)1997年に毎日デザイン賞。
(安曇野絵本館HPより抜粋)


ehon007.jpg



絵本というと子供のイメージですが、中には描かれている絵、本の表紙のデザインが

芸術性を感じるものもあり、購入してみたい絵本が数冊ありました。

外国の絵本なんかカラフルで素敵

そんな素敵な絵本を見ていると時間の経つのを忘れてしまいます。



ゆっくり絵本見たあとは1Fにあるカフェで休憩

飲み物は「野いちごの紅茶」を注文

ehon009.jpg





そして今日のお買い物

ジョン・バーニンガムのポストカードを購入

ehon008.jpg

★ジョン・バーニンガムの絵本★


【安曇野絵本館】
住所:〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明2186ー117
電話:0263-83-6173






安曇野絵本館の次は、「安曇野アートヒルズミュージアム」

art004.jpg




art005.jpg

ガーデンの木々に風鈴がぶら下がって、風に吹かれていい音色

暑い日でもこの音色で体感温度が低くなります。 

これらの風鈴は、安曇野アートヒルズミュージアムで制作活動を行う5名の作家が制作したもの





art001.jpg

チリーン

     チリン、チリン・・・





art002.jpg





art003.jpg


【安曇野アートヒルズミュージアム】
住所:〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明8161-1
電話:0263-83-5100


Comment

きみちゃんにしつも~ん
オトナの絵本で、なんでニヤっとするの?
豪華絵本もいいものよ~。
アートヒルズミュージアムの方が興味あるかな。
ガラスがお日様でキラキラ輝いて、きもちいい音がきこえて・・・最高!
>「大人の絵本」というタイトル見て「ニヤッ」としたお方
( ̄▼ ̄*)ニヤッ 正直、どんな絵本が出てくるのか興味津々でした(爆)
きみたろうさん芸術の秋ですねぇ~~
うちにはまだ小さい子がいますので
絵本もたくさんあるんですが
こういう場所に行って見たことがないものに
ふれるのっていいな~って思いました(まじめコメント)
いい写真がたくさん撮れました~綺麗だなぁ
ニヤッの口です。ブフッ。
大人のおもちゃだったらもっとニヤニヤ(笑)

ドリンク付きの入場券ってうれしいな。
間違いなく入ってしまうでしょう。

大人になっても絵本は好きだから行ってみたいな。
自然の中の風鈴の音色もアートだね~

あ~芸術の秋!
安曇野絵本館も行ってみたい場所です。

和田さんの絵良いですよね。
スッキリしていて、遠目がきく。

私読み語りの活動をしているので
教室の後ろの席の子までしっかり見える絵本は
評価が高いです。 爆

ジョン・バーニンガムの本は何冊か読み語りに
使います。
「いつもちこくのおとこのこ・ジョン・パトリックノーマン・マクヘネシー」は大好きです。
噛まずに読むのは、緊張します^^

きみたろうさんご存じですか?
絵本は読んでもらう物です。
だって、作者が心を込めて描いた
絵を見ていたら、文は読めません。

絵本は深いですね。
子供の頃よりも大人になってからの方が
遥に心にしみこみますね。


風鈴と空が美しいですね。
この空の色は何かモードを使ったからですか?

  • 2009/09/05 11:06
  • にわ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2009/09/05 16:08
♪りょうこさんへ♪

> オトナの絵本で、なんでニヤっとするの?

それはね りょうこさん vdvjdジョwcbクwdclkkンlc ということなのですよ
あれ?? 大事なところが文字化け 想像して~~
りょうこさんたまに絵本見るの?

安曇野に行くと必ず立ち寄るアートヒルズミュージアム
今回は素通りしようかと思ったのですが、立ち寄って良かった
風鈴が木々にぶら下がっているとは思わなかった
8月末までだったようでラッキーでした。
風に吹かれてきれいな音色
素敵でしたよ
来年もやるんじゃないかな?
りょうこさん来年行ってみたらどうでしょう
松本からすぐだしね
♪とろさんへ♪
とろさん残念だね
期待していた絵本じゃなくて・・・ぷぷ

そうなんですよ
たくさんの絵本に触れることができるのでいいですね~
それにカフェがあるのもGood!!
紅茶でも飲みながら絵本の世界に入り込んでみては
きみたろうも紅茶飲みながら大人の絵本の世界に・・・
ひゃあ~~~~ どうしましょ
♪カズさんへ♪
カズさんもきみたろうと同類なのね~
> 大人のおもちゃだったらもっとニヤニヤ(笑)

これちょっとヤバイっすよ
カズさん好きなのね(ふふ)

絵本館、森の中にあるので、ココロものんびりできて
ゆっくり見るにはいい環境
ここの館長さんは絵本に囲まれて生活できるなんて羨ましい

安曇野は秋の気配が感じられましたよ
ほんと芸術の秋だよね
きみたろうは食欲の秋だけどね
♪にわさんへ♪
にわさんて読み語りの活動をしていると言ってましたね
絵本に触れること多いんですよね
きみたろうは絵本に関して無知なのです。
絵とかデザインに目がいってしまって(^^ゞ
にわさんの言うとおり絵本は読んでもらうものですよね
そうだ!!
にわさんに読んでもらおう
カズさん とろさん くぅさん 誘ってね
「にわちゃんの絵本読み語りの会」
どうでしょうか??

風鈴と空の撮影は青空を強調したかったので
ポップアート機能というもの使ってみました。
色が協調されのです。
♪鍵コメさんへ♪
了解です。。。

そう言って頂くと嬉しいですよ~~

ありがとうございます。
(*^_^* )こんにちは☆
見たかった風景見ることが出来て良かったですね。
きみたろうさんが撮ると「絵本の挿絵」のように素敵です。

娘達が幼い頃、寝る前に読み聞かせしていました。
その頃の本達が捨てられなくて未だに手元にあります。
早く、孫に読み聞かせしたい☆kangeki☆です!

余談
東名から西富士道路へ行く間に迷った私達って最悪です。
  • 2009/09/07 17:28
  • ☆kangeki☆
  • URL
  • Edit
♪☆kangeki☆ さんへ♪
> きみたろうさんが撮ると「絵本の挿絵」のように素敵です。

やあ~そんなことないですよ
「大人の絵本」の挿絵ならバッチリかもしれません(笑)

昔の絵本取っておいた方がいいですよ
素敵な話じゃないですか
娘から孫に・・・
☆kangeki☆ さん、もうおばあちゃんになってしまうの??
早いのでは??

東名から西富士出るに迷ったのですか
アチャ~~
そうですねちょっとわかりにくいかもね
言ってくれれば、きみたろう先導したのにね~
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
結婚
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。